製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 試薬・キット・消耗品 >
  3. ウェスタンブロッティング >
  4. ウェスタンブロッティング用分子量マーカー

ウェスタンブロッティング用分子量マーカー

XL-Western Marker

XL-Western Markerシリーズは、ウェスタンブロッティング用の分子量マーカーです。特別な試薬を添加することなく、ウェスタンブロッティングの抗体検出条件下で分子量バンドが可視化されます。検出時に可視化されるバンドには IgG の結合性が高い Protein A 及び Protein G を採用している為、様々な一次抗体、二次抗体が結合します。HRPやAP検出等、多くの抗体検出系での使用が可能です。


 






XL-Western Marker シリーズ

SP-2170 XL-Western Marker Color Plus

XL-Western Marker Color Plusは、色素付タンパク質(5バンド)と、IgG結合性タンパク質(5バンド)で構成されています。色素付きのバンドは電気泳動中の分離状態の確認、及びブロッティング効率の評価に適しています。IgG 結合性バンドは抗体検出条件下で標的タンパク質と同様に検出される為、抗体反応のポジティブコントロールとして使用でき、また移動度を比較することで標的タンパク質のおよその分子量の算出を可能にします。

SP-2180 XL-Western Marker

このマーカーは、IgG結合性タンパク質(5バンド)で構成されています。IgG 結合性バンドは抗体検出条件下で標的タンパク質と同様に検出される為、抗体反応のポジティブコントロールとして使用でき、また移動度を比較することで標的タンパク質のおよその分子量の算出を可能にします。


特徴

SP-2170


● 色素を結合させたタンパク質(5バンド)を含みます

● IgG結合性タンパク質(5バンド)を含みます

● Ready-to -use

● 5μL/Laneを推奨しています

SP-2180


● IgG結合性タンパク質(5バンド)を含みます

● Ready-to –use

● 実験系の検出感度等によってアプライ量を調整できます
   (0.5~5.0μL/Lane)

テクニカルノート

【抗体の種類による検出感度の差】

本マーカーに含まれるIgG結合性タンパク質の由来は、それぞれ以下の通りです。
94kDa : ProteinA、ProteinG由来のリコンビナントタンパク質
65kDa : ProteinA、ProteinG由来のリコンビナントタンパク質
42kDa : ProteinA 由来のリコンビナントタンパク質
33kDa : ProteinG 由来のリコンビナントタンパク質
13kDa : ProteinA 由来のリコンビナントタンパク質

(実施例)
1.一次抗体:anti-lysozyme rabbit IgG
  二次抗体:anti-rabbit goat IgG
2.一次抗体:anti-cytochrome goat IgG
  二次抗体:anti-goat donkey IgG



※ 上記2種類の抗体の組み合わせにより、ウェスタンブロッティングを行ったところ、
2の条件ではProtein A由来の2バンド(42kDa、13kDa)がほとんど検出されません
でした。
下記の表1に示す通り、ホスト動物種がGoat及びDonkeyの場合、Protein Aとの結
合性が低いためと考えられます。


※ なお、この表は各動物種の免疫グロブリンのProteinA、ProteinGへの結合性を示すものであり、必ずしも実際に弊社のマーカーで検討した結果ではございません。

仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)











ページトップへ