製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 試薬・キット・消耗品 >
  3. タンパク質発現 >
  4. 無細胞タンパク質発現

大腸菌破砕抽出液を用いた無細胞タンパク質発現システム

Remarkable Yield Translation System Kit [RYTS Kit]
鋳型として直鎖状DNAやmRNAを用いることが可能な無細胞発現系です

商品説明

本製品は、大腸菌等の宿主細胞の組換え体を作製することなく、タンパク質合成を行えるよう開発された大腸菌無細胞タンパク質合成キットです。転写・翻訳反応に必要な成分を全て含みますので、タンパク質合成の鋳型となるDNA やmRNA を反応液に加えるだけで、簡便で迅速なタンパク質合成を高効率に行うことができます。

本製品に含まれる大腸菌破砕抽出液(E.coli Lysate)は、広範な種類のタンパク質を効率よく合成することを目的として、独立行政法人理化学研究所にて開発されました。






特長

● 直鎖状DNAやmRNAを鋳型として使用可能
内在性エキソヌクレアーゼ活性を大幅に抑えたため、従来の環状鋳型DNA(プラスミドDNA)以外にも、PCR産物等の直鎖状DNAやmRNAをタンパク質合成の鋳型として用いる事が可能となりました。

● 300μL反応液あたり、最大150μgのタンパク質合成が可能
さらに、緩衝液及びエネルギー再生系に必要な試薬類を含む透析外液と透析膜(分子量カットオフ値15kDa 以下)を別途ご用意いただき、透析による反応液の交換を行いながら長時間(8~24 時間)の合成反応を行っていただくことにより、タンパク質の合成量を数倍以上に増大させることも可能です。

● 長鎖タンパク質合成も可能(最大100kDaのタンパク質合成の実績あり)
従来にはヌクレアーゼの影響により合成困難となりやすい比較的長鎖のタンパク質合成にも有用です。

商品内容


● E.coli Lysate: 翻訳反応に必要な因子を含む大腸菌破砕抽出液
● 2× Reaction Mix: 転写・翻訳反応に必要な試薬・緩衝液を含む溶液
● Methionine: アミノ酸の一つメチオニンの溶液
● Enzyme Mix: 転写・翻訳反応に必要な酵素類を含む溶液
● CAT Control Vector: Chloramphenicol acetyltransferase (CAT)の合成を行うためのコントロール反応用プラスミドベクター
● Nuclease Free Water: ヌクレアーゼフリー水

タンパク質合成反応の概要

鋳型DNAの作製


● 環状鋳型DNA(プラスミドDNA)の場合
本製品に使用する環状鋳型は、T7 プロモーターの制御下にあるプラスミドDNA を元に作製して下さい。目的タンパク質遺伝子の開始コドンはRBS (リボソーム結合サイト)の直後に置き、終止コドンより3’末側にT7 ターミネーター配列を置いて下さい。(上記の例を参考に各転写・翻訳調節因子を配置して作製下さい。)

● 直鎖状鋳型DNA(リニアテンプレート)の場合
上記のような転写・翻訳反応に必要最小限の配列を含むリニアテンプレートを使用しても、タンパク質合成が可能です。プラスミドDNA を構築する必要が無いため、鋳型DNA の作製のためのお時間を短縮可能です。(リニアテンプレート作製キットを別途販売しております。)

● mRNAの場合
本製品は、mRNA を用いてタンパク質合成を行うこともできます。市販のRNA polymerase やmRNA 合成キット等を別途用いていただき、あらかじめ合成したmRNA 50~100μg を300μL の反応液に加えることによってタンパク質合成が可能となります。mRNA を鋳型とする無細胞タンパク質合成は、翻訳反応の機構などを解明するツールとして本製品をご利用いただく場合に、純粋な翻訳反応のみのモニタリング用途等に有用です。なお、タンパク質合成のみを目的としてご利用いただく場合には、鋳型DNA を用いる方法で反応を行われることをお勧めいたします。
【注意】高次構造をとりやすいような塩基配列で構成されているmRNA では、タンパク質合成反応が極端に阻害されることがございますのでご注意下さい。

● ProX® tag を用いた鋳型の場合
タンパク質の中には、本キットのような無細胞タンパク質合成系では、合成量が非常に少ないか全く合成されない場合もあります。このようなケースへの対処法として、目的タンパク質のN 末端に十数アミノ酸分の短いタグ配列(ペプチドタグ)を付加し、合成量を増加させる方法があります。RYTS Linear Template Set for E.coli (ProX-tag)は、合成量の増加効果を得られるよう最適化したコドン配列で構成した ProX tagを目的遺伝子配列のN 末端側に付加したリニアーテンプレートを簡便に作製できるキットです


ProX Tag のコドン配列と発現コンストラクト構築例

関連製品情報

本キットは、ピンポイント標識タンパク質合成キット Clover DirectTMとともにご利用いただくことで、タンパク質のアミノ酸一つが蛍光色素等で標識されたピンポイント標識タンパク質を合成する事ができます。


仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)







ページトップへ