製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 試薬・キット・消耗品 >
  3. プロテオーム >
  4. 酵素消化

ショットガンサンプルをゲル化・酵素消化するキット

XL-Tryp Kit Direct-Gel Digestion
ショットガンサンプルをゲル化・酵素消化するキットです。

商品説明

本キットは溶液サンプルをゲル化・酵素消化するキットです。
質量分析において、サンプル中に残存する界面活性剤がペプチドのイオン化を妨げ、m/z値のシフトやベースラインの上昇を引き起こすことがあります。組織や細胞からタンパク質を抽出する際のバッファーには一般的にさまざまな界面活性剤が含まれているため、界面活性剤除去カラムやTCA沈殿を行うことによって界面活性剤を除去する必要があります。しかし、これらの方法は非特異的な吸着が起こったり、沈殿が完全に再溶解しないなどサンプルのロスが起こります。本キットは溶液サンプルをゲル化することで、サンプルをロスすることなく界面活性剤を除去し、酵素消化することができます。

特長

● ショットガンサンプルの前処理に最適
● さまざまな界面活性剤を除去可能
● サンプルのロスが最小限

操作概要




テクニカルノート

同定タンパク質の違い

マウス肝臓ライセートをサンプルとし、①本キットを用いてゲル化・酵素消化したサンプル(Direct-Gel Digestion)と②TCA/アセトン沈殿によるバッファー置換を行い、酵素消化したサンプル(TCA+In Solution Digestion)を用意しました。それぞれ1ug相当をショットガン分析に供しました。
その結果、本キットの使用により膜タンパク質の同定数がアップし、In-Solution Digestionとは異なる種類のタンパク質が同定されることが分りました。

<使用機器>
質量分析計:LTQ-Orbitrap XL (Thermo Fisher Scientific)
HPLC:ADVANCE UHPLC SYSTEM (Michrom BioResources)

製品仕様

XL-Tryp Kit Direct-Gel Digestion YC-3120
ゲル化する試薬が50回分、トリプシン消化する試薬が150回分含まれるキットです。

Direct-Gel Kit YC-3121
ゲル化する試薬が50回分含まれるキットです。酵素消化する試薬は含まれませんのでご注意ください。

関連製品


ST-3010 XL-Tryp Kit

 ゲルサンプルをトリプシン消化するキットです。

YC-3230  XL-Tryp kit In-Solution Digestion

 溶液サンプルをトリプシン消化するキットです。

YC-5001  In-Solution R-CAM

 溶液サンプルの還元アルキル化を行うキットです。

YC-5003  In-Gel R-CAM kit

 ゲルサンプルの還元アルキル化を行うキットです。

仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • YC-3120 XL-Tryp Kit Direct-Gel Digestion

    50回分
    [説明書]

    40,000円
  • YC-3121 Direct-Gel Kit

    50回分
    [説明書]

    28,000円
  • YC-3122 プランジャー

    10本
    [説明書]

    16,000円







ページトップへ