製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. ゲノム編集ツール >
  4. ゲノム編集用カスタムベクター作製サービス

ゲノム編集用カスタムベクター作製サービス

ゲノム編集用カスタムベクター作製サービス
ゲノム編集用(ノックイン、ポイントミューテーション等)のベクターをカスタムで作製します。

商品説明

ゲノム編集用カスタムベクター作製サービスとは、標的部位に特異的なヌクレアーゼ(TAL Nuclease、NextGEN™ CRISPR、CRISPR/Cas 等)と、変異挿入用のドナーベクターをセットでカスタムに作製するサービスです。
ノックインやポイントミューテーション、コンディショナルノックアウトなど、様々なご要望に応じて最適なデザインをご提案・作製いたします。
また、CRISPR/Cas9 等の Site-Specific ヌクレアーゼと piggyBac™ トランスポゾンベクターを組み合わせることで、一旦組み込んだ配列を痕跡を残さずに(Footprint-free™)取り除く、ユニークなゲノム編集が可能です。
特に細胞でのポイントミューテーションでは、セレクションした後にセレクションカセットだけを除去し、必要な変異のみを残すことが可能で、目的細胞作製にかかる時間・労力を削減出来る利点があります。
その他、オプションで Off-Target のリスク予測も実施いたします。
本サービスは、ゲノム編集ツールに実績のある、米国 Transposagen Biopharmaceuticals, Inc. との提携によりご提供いたします。






仕様と価格

ご要望のプロジェクトに合わせ、標的遺伝子に対する Site-Specific Nuclease とノックイン用のドナーベクターをカスタムで作製します。




詳しくはお問い合わせください。

bio@integrale.co.jp



ドナーベクターのバックボーンベクター例

Multivector シリーズのバックボーンベクターです。



本ベクターでは、セレクションカセットを Cre/loxP システムもしくは piggyBac™ トランスポゾンシステムのいずれかで除去することが可能です。

ここがポイント!
Cre/loxP システムでは、Cre リコンビナーゼによる切り出しの際、loxP サイトが1つゲノム上に残りますが、piggyBac™ トランスポゾンシステムでは、痕跡無く(Footprint-Free™)、セレクションカセットもしくは挿入した配列の除去が可能です。

搭載しているセレクションマーカーは6種類の中からお選びいただけます。
各種 piggyBac™ トランスポゾンベクターは、こちらをご参照ください。

Footprint-Free™ なゲノム編集とは

概要

TALEN や CRISPR/Cas9 等の Site-Specific ヌクレアーゼと piggyBac™ トランスポゾンを組み合わせることで、よりフレキシブルなゲノム編集が可能です。


Site-Specific ヌクレアーゼと piggyBac™ トランスポゾンシステムを組み合わせることで、一旦ゲノムに組み込んだ配列を痕跡を残さずに再切り出し(Footprint-Free™)が可能です。

ここがポイント

・Excision Only piggyBac™ Transposase(PBx) 自体は毒性が無く、変異を引き起こす事はない。
・Cre リコンビナーゼによる切り出し(Cre/loxP system)では、loxP が1個ゲノム上に残されるため、完全な
  Footprint-Free™ ではない。
・リコンビナーゼ自体に毒性があり、Off-Target を引き起こす場合がある。

→ piggyBac™ トランスポゾンシステムでは、完全に変異挿入前の元の配列に戻すことが可能。

こんな人におすすめ

・細胞でのポイントミューテーション等、セレクションしたいけど目的変異の影響を考慮してセレクションカセットを挿入できない場合
・Exon にセレクションカセットを挿入したい
・遺伝子挿入による影響を、挿入の前後で確認したい








ページトップへ