製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 試薬・キット・消耗品 >
  3. プロテオーム >
  4. 酵素消化

微量サンプルの分析に適したMS用ゲル内酵素消化キット

MS用ゲル内酵素消化キット XL-Tryp Kit
アンテグラルの受託分析で使用している酵素消化プロトコールをキット化しました

商品説明

アンテグラルの微量分析技術を応用して開発された、質量分析用ゲル内トリプシン消化キットです。
電気泳動後のゲルから目的バンド(スポット)を切り出し、本キットでトリプシン消化を行います。 処理後のサンプルを質量分析計で分析することで、ゲル中に含まれるタンパク質の同定が可能となります。
プロテオーム解析をこれから行う方はもちろん、これまでにゲル内消化を実施されていた方にも微量サンプルの分析を進める上でお薦めです。

特長

● 独自のEx試薬による高いペプチド回収率
● 洗練されたプロトコールによる簡便な操作
● 高いコストパフォーマンス

テクニカルノート

他社類似製品との比較

各社キットを用いてゲル内酵素消化を実施しました。
その結果、Mowse score、ヒットペプチド数のいずれも本キットが最も高い値を示しました。特に本キットにおいては 50 fmol でも Ovalbumin がしきい値(Mowse score 80)以上でヒットしましたが、他のキットではしきい値に満たない結果となりました。






【 実験法 】
各社のキットを用いて 50 fmol, 200 fmol の Ovalbumin をゲル内トリプシン消化した後、MALDI-TOF MS 分析を行った。その後、全生物種を対象として Mascot により NCBInr データベース検索を実施した。

注意点

アセトニトリルなど一部の試薬は別途ご用意いただく必要があります。詳しくは使用説明書をご確認ください。
使用する質量分析計によっては、ゲル内トリプシン消化後に、脱塩・濃縮を実施する必要があります。

仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • ST-3010 XL-Tryp Kit

    150~200回分
    [説明書] [SDS]

    22,000円
  • YC-3000 MS用トリプシン

    トリプシン粉末:20ug、トリプシン溶解液:200uL、-20℃保存
    [説明書]

    10,000円







ページトップへ