製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. in situ ハイブリダイゼーション >
  4. in situ ハイブリダイゼーション

ViewRNA ISH解析

ViewRNA ISH解析
高感度 in situ hybridization (ISH) を実施します

商品説明

ViewRNA ISHとは

従来法とは全く異なる新しい 高感度 in situ ハイブリダイゼーション (ISH)法です。
Thermo Fisher Scientific(旧Affymetrix)社の独自のプローブ設計技術とbranched DNA (bDNA) によるシグナル増幅法により、低いノイズで高感度に ISH を実施します。
2種類の発現遺伝子を同時に検出することも可能です。

非常に短いプローブを用いてハイブリ効率を高めることで、従来法では難しかった 微量なmRNAや分解のあるFFPE(臨床検体)由来のサンプルでも検出できる可能性があります。

本サービスは、株式会社徳島分子病理研究所との業務提携により提供します。






こんな人にオススメ

臨床検体でISHを諦めていた方
従来法では微妙な結果で判断に困った方

本サービスの特徴

ノイズが低く、高感度
ホルマリン固定パラフィン切片(FFPE)でも検出可能
蛍光検出・2重染色も可能
培養細胞や凍結切片でも検出可能

測定原理




1. 2種類の〝Z″プローブがセットで隣合ってターゲットのmRNAにハイブリします。




2. 〝Z″プローブの上に検出の為のBranched DNAが組みあがり標識されます。 Branched DNAに標識された約400倍のアルカリフォスファターゼにより、シグナルが増幅されます。




3. 1つの〝Z″プローブが異なるmRNAに非特異的にハイブリしても、このbDNAが組みあがらないのでシグナルは検出されません。この特徴的なプローブにより特異性が高められています。

仕様

染色例

①従来法との比較(マウス各種臓器 VegfA)


※ 従来法で検出できているシグナルは、View RNA ISH でも同様のパターンで検出できます。
※ 従来法では検出できなかったRNA量でも、View RNA では高感度に検出が可能です。

②マウス組織での染色例


ご確認ください

本分析を実施の際には、組織に応じたポジティブコントロールの分析を同時に行います。
コントロールで発現が見られているにも関わらず、目的遺伝子の発現が確認されなかった場合には、発現量が検出感度以下であるとして結果を報告いたします。
上記の場合も、分析費用は請求させていただくことになりますので、発現量の低い遺伝子である場合等は、十分にご検討ください。








ページトップへ