製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求(ユーザー) サンプル・デモ請求(代理店) オリゴDNA合成DNAシーケンス
クイック検索

試薬・キット・消耗品
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
タンパク質定量
電気泳動
プロテオーム
ウェスタンブロッティング
細胞・組織
再生医療研究
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
次世代シーケンシング解析
マイクロアレイ解析
リアルタイムPCR
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
DNAシーケンス
フラグメント解析
オリゴDNA合成
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞試験
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
メタボローム解析
ELISA測定
動物試験
動物の飼育・繁殖・管理
                アプロサイエンス採用情報
 
  1. HOME >
  2. 試薬・キット・消耗品 >
  3. タンパク質定量 >
  4. 総タンパク質定量

Bradford法による総タンパク質定量

総タンパク質定量試薬[bradford]
Bradford法に基づいた、溶液中の総タンパク質濃度を正確に定量できる試薬です。

商品説明

Bradford法に基づいた、溶液中の総タンパク質濃度を正確に定量できる試薬 です。Bradford法はCoomassic brilliant blue G250(CBB-G250)を用いた色素結合法で、遊離状態で赤色(吸収極大465nm)を呈色するCBBが、タンパク質と結合すると青色(吸収極大595nm)となる原理を応用した手法です。
サンプル溶液とBradford溶液を混合し、分光光度計やマイクロプレートリーダーを用いて595nm の吸光度を測定します。高温でのインキュベートなどは不要で、短時間で簡便にタンパク質を定量する事ができます。






特長

● 簡単・短時間の操作で正確な定量が可能
● 高感度で再現性よく定量可能
● 非常に低コスト、ルーチンワークにも最適

テクニカルノート

通常法で定量できるタンパク質濃度の範囲と必要試料量




微量法で定量できるタンパク質濃度の範囲と必要試料量




サンプルに含まれていても測定に影響がない化学物質の上限濃度

Bradford法では、タンパク質-化学物質や色素-化学物質の相互作用によって、正確な測定が阻害される場合があります。特に、界面活性剤による干渉が大きいとされている方法です。表に示した化学物質は、表中の濃度以下では影響がないことが確認できています。ただし、この表中の物質の様々な組み合わせについては確認できていないものもあります。




仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • KY-1020 【20%OFF!】総タンパク質定量試薬[Bradford]

    500mL
    [説明書] [SDS]

    10,000円
    8,000円
    (2021/8/31まで)
  • KY-1020-S 【お試しサンプル】総タンパク質定量試薬[Bradford]

    5mL

    0円











ページトップへ